ウェクラ短信 122
鳥海山
2016/04/30~5/1
黒川、大橋



鳥海山 祓川コース これから広い斜面を滑る


コースタイム
4月30日
<車移動>鳥海ブルーライン8:20―祓川駐車場着10:30 
<登山>駐車場発10:55―七ツ釜避難小屋12:20~13:05―標高1750m13:40
<滑走>標高1750m13:50―祓川駐車場14:25


ルート図






鹿沼は桜の季節が終わってしまったが、東北道から山形道と進むにつれて、赤やピンクの花が見られるようになった。車窓からの景色を楽しみながら、気になるほどの渋滞もなく遊佐町に着いた。今日は曇り空の為、鳥海山の姿を見ることはできなかった。
 
昨日も風が強かったが、今日も風が強い。鳥海ブルーラインのゲート前には、午前8時の開通を待つ車が8台ほど並んでいた。定刻を過ぎても開く気配がなく、Uターンする車があった。情報を知らせてくれた人の話しでは、昨夜は降雪があり、自然融雪を待つのでゲートが開くのが10時頃になるとのことであった。10時まで待って吹浦コースを行くか、それとも祓川(はらいがわ)コースに行くか迷ったが、今日の泊まりが祓川コースに近い湯の沢温泉なので、今のうちに移動することにした。宿で祓川コースまでの情報を得て、駐車場に向かった。熊の森駐車場は満車状態だったが、スタート地点の祓川駐車場は余裕で駐車することができた。
 
青空が出ているが風が強い。山頂付近は雲が流れていて、相当風が強そうである。既に下山してくる人たちからは、七ツ釜避難小屋から上は風が強く、アイスバーンになっているので滑りにくい、と言っていた。ここから見る景色は、ホームグランドとしている南会津の山々と違って、ブナやミズナラの大木が見られず、開放感のある大きなスキー場と映った。前方に人が見えて、トレースがあるから進むことができるが、それらがなかったら、とても我々の手に負える山域ではないと感じた。地形図を拡大して持参したが、地形図からは読み取れる地形でないことが分かった。地元の山岳会の人達だろうか、目印のポール立てをやっていた。
 
いくつかのアップダウンを繰り返し、七ツ釜避難小屋に着いた。小屋の周辺は、昼食時で大勢の人が休んでいた。我々も小屋内で昼食を済ませ、行けるとこまで行くことにして外に出た。先ほどまで大勢の人たちがいたが、前方に4名のグループがいるだけである。そのグループも、シールを外し下山の準備を始めた。そのグループが去ってしまうと二人だけとなり、前を見ても、後ろを見ても、人の姿が見えなくなってしまった。トレースも強風で消えてしまい、これ以上前進することはできなかった。我々もここから下山することにした。
 
高度計を見ると標高1750mを指していた。このときは明日の天候が崩れることなど知らず、山頂は明日に持ち越し、ということで下山を始めた。アイスバーンに気を使い、それ以外のところは気持ちが良いほど板が回って、思い通りのターンを描くことができた。スキー場よりも幅が広く、障害物がないので気持ちよく滑ることができるが、南会津の山々に慣れている二人にとっては、樹林帯がないことに少しの不満があった。
 
祓川駐車場に着くと、ヒュッテに泊まる人や、テントを張っている高校生が、泊まる準備をしていた。後ろを振り返ると、雲の切れ間から、霊峰鳥海山が全容を見せてくれた。
 
宿に着いてから、明日の天気予報を確認すると降水確率が午前中100%、午後は70%となっていた。もう一泊の予定だったが、急遽キャンセルして帰路につくことにした。




遥々と出羽国まで来しものを鳥海の嶺は雲隠れたり

明日は山今宵は節酒と念ぜども盃交わせばつい過ごしけり

雪厚く纏いたる嶺鳥海は此処も彼処もゲレンデの如

樹々埋もる広き斜面が連なりて快に滑るもやや戸惑ひぬ

山の帰路道の駅にて山爺が孫の土産をとく品定め

                   ku.


8:39 鳥海ブルーラインが時間通行止めになったので、祓川コースに移動中の日本海。左の国道は7号線。


12:09 目印のポールを立てる地元山岳会の人たち。御苦労様です。
11:00 祓川コースから望む鳥海山。山頂は雲が流れていて見ることができなかった。

13:53 七ツ釜避難小屋を過ぎた標高1750m辺り。前を見ても、後ろを見ても人の姿が無くなってしまった。ここから下山することにした。




















14:10 アイスバーンに気を使いながら下山する。左に見えるのは七ツ釜避難小屋。

14:11 はてしなく広い斜面を、思い通りのシュプールを描く黒川さん。





















14:19 標高を下げると雪質が良くなった。どこを滑ったら良いのか、贅沢に悩みながら滑り降りる。

14:19 黒川さんが。飛んで飛んで~ぐるっと回る。


























Home