小川谷廊下 丹沢山塊玄倉川
2014.08.31
高橋
(ラバーソール)

仲ノ沢林道下降点近くで マツカゼソウ









遡行図  なし




参考情報
 小川谷の支流の名称は、一般に『丹沢の谷 110ルート』に記載の名称が使われていますが、西丹沢の河川名称のバイブルと言われている『西丹沢河川頂稜土地名称図』とは異なっており、混乱しています。
 → 小川谷の支流の名称
 
コースタイム
仲ノ沢林道ゲート7:25−下降地点8:16−小川谷入渓8:38−ツルツルの大岩9:37−石棚20m10:07−壊れた堰堤11:02−広い河原11:05〜35−穴ノ平橋12:34−仲ノ沢林道ゲート13:09 (少し速めに歩いています。)

プロローグ
 みなさーん、丹沢玄倉川・小川谷廊下へ行ってきました。天気予報が二転三転して、結局予報が大ハズレでとても良い気分で帰ってきました。行く前までは、「くもりのち雨」の予報だったので、出かける前まで迷いましたが、西丹沢とあまり変わらない三島の空は早朝から晴れ。あれれおかしいなと感じて、もしかしたらきょうは晴れるかもしれない。そう踏んで出かけたら、くもりどころか、すぱっとした晴れ。めずらしく勘が的中しました。
 今度の報告では、遡行記録を細かく書く必要を感じないので、適当に要点だけを書いて終わりにします。言うまでもなく、小川谷廊下の記録はウェブにごそっとあるので、必要な人はそれらを参考にして下さい。
 小川谷は、ラバーソールのフリクション抜群です。少しも不安な場所はありませんでした。


下降点、入渓点
 下降点は、下の地図のあたりです。仲ノ沢林道が涸れ沢を渡って左に曲がった先に小さなケルンがあります。このケルンから踏み跡に入り河原に降りました。どうした訳か、地図もろくに見ずに歩き始めたので、降りた沢を下らなければならないのを、逆にこの支流(穴ノ平沢)を登ってしまいました。穴ノ平橋近くまで上がってしまい、10分ほど貴重なエネルギーを浪費しました。結局また林道を戻ってきて、同じケルンを目印に穴ノ平沢へ下降します。堰堤取り付けの急な鉄梯子を下って行くと、小川谷へ降りることができます。
 小川谷を5分と歩かないうちに、4mF1になりますが、ここには8人のパーティーのトップが何やらロープを引いて登っているのでした。まずいなーと思いながら、後ろで見ていたら、お先にドーゾと言ってくれたので、有り難く先へ行かせてもらいました。親切にありがとう。




また人の善意にすがって
 F1からすぐに4mCSF2になります。ここは小川谷廊下の一種の関所になっていて、ちょっと嫌な登りがあります。ここは大きなチョックストーンの左側に水流が落ち、右側に残置支点があるので、私のように腕に自信のない向きは、こちらを登ります。ここは、残置がなければとても登れませんが、初級者でも登れるように工作してくれてあるので安心です。と思っていたら、あれれ難しいというか登れない。途中に立てかけてある倒木の上までは行けるが、その上2mほどの凹スラブはフリクション頼りに登る他ありません。ホールドが全くなく上がる算段がつきません。ウーン難しい。と言いながらひとまず降りることに。そこへ、さっきアプローチの林道で少し話をした二人組がやってきました。「いやー、上が難しくて登れない。」と照れながら言うと、二人組はするすると登ってしまいました。
 「ロープで引き上げますか。」と問うので、「あーお願いします。」とあっさり答えてしまいました。というか、それより仕方なかったのです。自分では登れないのだから、登れないのならこのまま帰る他ない。甘く見て、ハンマーを持ってこなかったのもいけません。それより、4mCSF2は工作済みと思い、関所という判断にも欠けていました。この関所は、単独でいつも問題なく通過していたのです。おそらく、上部の残置支点が抜け、身体を持ち上げる支点を失ったのでしょう。想定外の状況に泣き、二人組に上げてもらい、深く頭を下げました。

巨大CSの4mF2
流れが左右に分かれる関所
CSの右は、誰でも登れると思っていたが
あれれ


人の善意に
 小川谷は、今度で5度目です。最初二回とも単独で関所は登り、それぞれその先で追い返されました。敗退です。それでも、二回目は大岩の滑り台までは行けました。三度目は、単独で関所を抜け、途中で一緒になった二人組に確保をしてもらってゴルジュと石棚を抜けました。この時は、ひとの善意にすがって遡行したのでした。そして四度目は、沢の講習会で歩きました。もちろん、自分の力で遡行できたのではありません。そして、今度もまた三度目と同じように人の善意にすがったことになります。
 登れなければ、潔く帰るべきだったという思いも残りますが、二人組には感謝しています。見ず知らずの者に声を掛けてくれて、有りがたかった。そのフレンドリーな対応になんとも暖かい沢屋魂のようなものを感じたのでした。自分だったらどうしただろうか。やはり、頼りない後続者に「ロープ出しますか。」と問うだろう。我々は競争している訳ではないのだし、ついそう言ってしまいたくなります。だが、同じように「もっと修行してから来たらどうだ。気を付けろよ。」と心では思うでしょう。

かっきーさん
 二人組と私は、互いに追いつ追われつしながら遡行しました。何となくペースが近かったのでしょう。途中二言三言、話をしました。とてもフレンドリーな方たちでした。石棚20mの岩塔の登りでは、親切にも再び「ロープを出しますか。」と聞かれましたが、今度はありがたく辞退しました。「石棚岩塔ぐらい登らなくては、小川谷を登ったことにはならない。」と、見栄を張った訳でもありません。今まで二度登った感触で、石棚の岩塔はフリーで登れると踏んでいたのです。
 競争した訳でもないのに、思いのほか早く遡行が終わりました。壊れた堰堤をくぐると廊下の暗さは解けて、明るい河原になります。まだ、11時になったばかりでした。「くもりのち雨」という予報は外れ、河原はまぶしい陽光に照らされていました。
 入渓してから一度、石棚ゴルジュの前で5分ほど水分補給した以外は、休まずに遡行しました。二人組も上がって来て河原で一緒にご飯を食べました。私を関所で引き上げてくれたのは、あの「かっきー」さんだったのです。一時期、故人のmotoさんと一緒に歩いていたので、motoさんのブログで顔を何度か拝見したことがあります。

 二人組とは、ヒロタさんのことなど話しながら、お昼の後に「お世話になりました。」と言って別れました。関所で引き上げてもらった「汚点」を残しながら、頭上の天気のように晴れ晴れとした遡行でした。

下山路
 下山路は、左岸から入る東沢出合(標高830m)のすぐ上にある大きな堰堤を、左から上がれば見つかります。河原が広いので流れの左を歩いているときは、東沢出合を見逃しやすいので注意です。堰堤の辺りの踏み跡は分岐しているので、本道・仲ノ沢経路へ導かれるまで、踏み跡の薄いところがあります。本道は、しっかり踏まれているので、登山道と変わりません。ただ、途中分かりにくいところがあるので要注意です。だが、慌てずに探せば分かります。できれば暗くなる前に下山したい。



大岩の右を間をすり抜けて 小川谷はラバーソールのフリクション抜群
7mF3 左の窪を上がれば簡単 釜も浅くなっている


4m潜り滝 スラブ5m滝の高巻き途中から撮影 この滝は下を潜れば左岸から容易に上がれる。右岸の登攀はちょっとだけ難しい。
先を行く二人組 この先にスラブ5m滝 高巻きは左岸(正面)の斜面を上る。バランスの取り難いトラバースもあるが、慎重に行けばOK。

ツルツルの大岩
固定ロープがしっかりとある
なければ大岩は登れない
下の滝を登るか 5m


ゴルジュ7m滝 通過が難しそうに見えるが右水流際にホールドあり
石棚ゴルジュが始まる 水と岩がきれい
ゴルジュの釜は総じて深くなかった

ゴルジュ7m落ち口から下を覗いた 結構の水量がある


ゴルジュ 6m滝 左の岩を上がる ホールドあり
石棚20m下段 上段が隠れている 釜は深い ここは滝左の岩塔を上がる V級 残置支点多数

石棚上の5m ここは右岸から巻ける



ナメ滝が現れる
石棚の上(標高700m)からは穏やかな沢になる 次々に小さな滝や 

4mほどの滝で戯れる二人組 二人はとてもフレンドリーです 一緒にやりませんかと言われたが、まねできない

癒し系の流れが続く いろいろな工夫をして越えていく いつの間にか休むのも忘れて


そう苦労せずに次々越えてゆく
最後の滝 5m 登れるらしいが難しそう ここは左から上がり 残置ロープで3mほど下降する 簡単に巻ける

壊れた堰堤の下を潜ると明るい河原が開ける 遡行終了 11:05



Home