2014.01.17 愛する小道具たち8 情報機器03


新調したlenovoのタブレット office付きで安い















パソコンはタブレットへ
 ノートパソコンは、移動して使えるという面で確かに便利だったが、最近のスマートホンのような手軽さは無い。ノートとは言っても2kgぐらいはある。手軽にコタツに寝そべったまま使うという具合には行かない。ソフトの立ち上がりにも結構の時間がかかる。スマートフォンの利便性を考えるとパソコンの自重とソフトの重たさは、やっぱりどうにかしたい。という訳で、パソコンの究極の無線化を選択した。タブレット(携帯パソコン)である。
 タブレットは、何インチの画面が使いやすいのか分からなかったが、レノボで最近(201312月)出したMiix8(8インチ)というのが人気があるようだ。OSには、windows8.1を使っている。記憶容量は64GB32GBのものがあるが、余裕のある64GBが良い(Miix8 59399891)だろう。4万2千円(価格.com)というから出費は痛いが、そう高いものでもない。驚くことに、このタブレットにはOffice2013が付属しているので安い。2014年の正月には、人気のため在庫薄が続いている。
 正月だったが、在庫のある店を探しネットで手配して2日後に届いた。タブレットMiix8は、350gしかないので片手で持てる。電池の駆動時間は10時間(カタログ値)というから、日常の使用では全く電源コードを必要としないだろう。これで、家中どこでも手軽にパソコンを開くことができる。完全に無線化ができた。ソフトの立ち上がりも機敏なので、「立ち上がるまで待つ」という動作がいらない。
 タブレットMiix8windows8.1で動き、スマホのようにタッチパネルで操作する。Windows vistaや7を使ってきた今までの感覚とはちょっと違う。とは言っても、windowsを使ってきた者なら、数日で通常の使用ができるようになるだろう。うまく行かなかったのは、メールアドレスの追加だ。今まで使っていたメールアドレスをタブレットMiix8に追加設定しようと思ったがうまく行かない。Yahoo!メール、HotmailGmailgooメールなどのフリーメールで使われているアドレス以外を受け付けないようだ。
 結局この辺のことは分からずじまいだったが、今まで使っていたメールアドレスで受信したメールの「コピー」を、タブレットへ送信することにしてこの件は解決した。メールのコピーを他のパソコンへ送信するのは、プロバイダーのホームページで設定できるようになっている。知らなかったが、これを使うと便利だ。これでメールもタブレットで読むことができる。

webサイトとメールを見るには便利


 無線が届く家庭内を自在に持ち運べるタブレットは、こうこれ以上進化できないパソコンの最終形のように思うがどうだろうか。小型化はスマホまで進んでいるが、視認性という点からすれば、ディスプレイ(画面)を小さくするには限度がある。では、この8インチのタブレットはどうだろうか。この点、購入前は少し心配したが、すぐに慣れる。スマホと同じように、拡大機能は付いているし縦横自在に使い分けることもできるので、メールを読んだりwebサイトを見たりするのには、まず問題はない。
 問題なのは、キーボード入力と細かいマウス操作だろう。長いことキーボードとマウス入力に慣れてきた者からすれば、タッチパネルによる入力は、いかにもまどろっこしい。これは、タブレットに習熟するまでは、どうにもならない。メールのような短文の場合には、そう大きな問題は無いと思うが、長文を作ったり、図形を描いたりする場合には、どうしても今までのキーボードとマウスの入力が速い。この点から、自分の場合、メールやwebサイトの閲覧はタブレットで、入力の面倒なホームページの作成などはパソコンで、という具合に、タブレットとノートパソコンの使い分けはしばらく続くものと思う。
 タブレットには、キーボード付きで、キーボードから外せる製品があるので、人によってはそちらを好む人もあるかも知れない。ただ、この種の製品は15万円ぐらいするので、これはちょっと流行らないだろうと思う。

 ずいぶんと脱線してしまったが、本題は「沢の情報収集」だった。そのためには、パソコンによる情報収集が有効だという訳で、沢の情報収集→パソコン→パソコンの無線化→タブレット、と話は流れてきたのだった。いずれ、沢登りという極めてプリミティブな遊びにも、現代技術の結晶、情報機器が離れがたく結びついているということだ。



Home