湯檜曽川ゼニイレ沢 谷川連峰
2013.09.29
SSC 2名(MH、TY)
フリー山行


コースタイム
白毛門駐車場06:15一ノ倉沢出合07:40ゼニイレ沢出合07:52登山道14:00駐車場16:40


 会のメンバーであるHさんから、沢の誘いを受け湯檜曽川ゼニイレ沢に行く事になった。この沢を知ったのは岳人7号に、「沢へ登る」の特集が載っており湯檜曽川の支流の中で、これほど変わった沢はない。しかも楽しく快適だ等と紹介されていた事で興味を持ち、数か所の沢の中からから検討してのこの沢に決定をした。
 午後9時和光市内を出発し、水上温泉に向けて一路関越道を走り、2時間半で白毛門登山の入口にある駐車場に到着した。
 土曜日の為かかなりの車両が駐車していたが、我々も直ぐに車の脇にテントをはり簡単な夜食を食べ、翌日の行動にそなえ就寝した。

 翌朝、次から次と入って来る車両の音で目が覚め起床する。直ぐにテントの中でお湯を沸かし、コーヒーとパンで簡単な朝食をしませ、コースの確認をしながら出発準備をする。
 夜露で濡れてテントは、下山まで乾かす事にして車両の前部の草地に移動させ沢装備を着装して駐車場を出発する。土合橋を渡り湯檜曽川に沿って林道を一ノ倉沢の出合まで進む。途中、台風の影響で登山道の一部が崩壊しており新にう回路が作られた場所もあった。湯檜曽川もかなり荒れており大きな石がゴロゴロと川原に転がっている。

 一ノ倉沢が湯檜曽川に合流する出合もかなり荒れており大きな石で盛り上がっている。ここから湯檜曽川を挟んで正面にゼニイレ沢が合流しており、立ち上がりや白毛門まで一直線に付き上げている。そしてその傾斜たるや半端ではなく、ここは沢登りよりも岩登りの領域なのではと不安になり、しばらく湯檜曽川を渡渉する一歩がなかなか進まない。
 Hさんに背中を押される様に声をかけられ、水量の少ない場所を選んで湯檜曽川を渡りゼニイレ沢に取り付く。
 水などは見えず、大きく盛り上がったガレの岩山を登りだした。

一ノ倉沢の出会からゼニイレ沢を望む ゼニイレ沢の出合

 思う様に歩けず15分程登った所でやっと赤茶けた岩肌の5mの滝が現れた。ここはHさんが先頭で登り、続いて私が登る。これでようやく沢登りモードに気持ちを入れ替える事ができた。この後しばらくは、ガレ場の不安定な岩に足を慎重に運びながら進む。


ガレ場が続く
赤茶けた岩肌の5mの滝

 950m地点あたりからナメが始まり、見上げるとその先どこまでも急斜面のナメが続く。水量はほとんどなく、申し訳ない様に中央をチョロチョロと流れている。このナメ床は、なめらかな一枚岩でツルツルに磨き上げられた様になっており山頂付近まで続いているから厄介である。

ナメが現れる ナメが続く

 私の沢靴は、フェルトソールだったので乾いている所が逆に滑り、草付きの右岸や左岸を選んで登る為、両腕の筋肉がパンパン張り、それに緊張とで体力の消耗が激しくなり、休憩を頻繁に取りながら高度を上げていった。
 救われたのは、相棒のHさんは、水量の少ない沢と知っていた事から、アクアステルスソールの靴を履いて来ていたので、踏ん張りも効き強引に登る事も出来たので、ザイルで確保してもらい随分助けられた
 このスラブ上でのビレイポイントほとんどなく、確保するのは非常に難しい場所である為、Hさんには大変な思いをさせてしまった。

 所々でテラス状の場所を見つけては休憩をとり、登ってきた場所を振り返り、遥か眼下に湯檜曽川、眼の前に残雪を残す一ノ倉沢、一ノ倉岳や武能岳の絶景を見る事で心も癒やされた。

一ノ倉岳 武能岳


一ノ倉谷
眼下に湯檜曽川

 参考にさせてもらった遡行図によれば、最初の100mのナメから順に緩急織り交ぜ大小のナメやその間にナメ滝もありと載っているが、わずかなチョロ水の流れだけであり、又細心の注意を払いながら登っている為、確認をする余裕すらなくただただ上へ登るだけに全神経を集中していたので、さっぱりと記録的な事は頭に残っていない。
 一度沢幅が狭くなる所を登るとまた開けたスラブになり、その先が何となく源頭の様な感じがしてきたところで、正面に高く大きな岩壁が見えてきた。あれが通称「奥壁」と呼ばれる、この沢最大の難所である。

こんなに沢幅が狭くなるところもあった

 資料によれば三俣になった所で真ん中を進み「奥壁」の下に突き上げるとあるが、我々は、右側から入る涸沢を確認する事が出来なかったので、そのまま進み「奥壁」の真下に出た。
 正面からは無理なので「奥壁」の右端にトラバースし、ロープで確保してもらい途中まで一旦上ったものの突破するのは無理と判断して、右方向に進路を取りながら「奥壁」の真下の位置まで降下する。ここで登山道に出る為に位置と方向を再度確認して、右に大きくトラバースする事にした。
 ここの藪漕ぎは半端じゃない。人の背丈はすっぽりと隠れる藪で、斜面はきつく根曲竹に足を取られては滑り落ち、なかなか前に進めない。
 灌木や竹を握る腕はパンパンに張り、途中何回もスリングを灌木巻きつけてはセルフビレイを取り休憩をする。相棒のHさんの声はすれども姿が見えずの状況で藪の中を彷徨している感覚になってしまう。
 先を往っていたHさんから、「涸れた沢床がある」と大きな声がしたので、その場所に向い合流した。この涸沢が三俣の右からの枝沢だとすれば、これを登りきった所が登山道だと確認し、Hさんに先行してもらった。
 しばらくして「登山道に出たよ」とHさんの大きな声がしたので最後の力を振り絞って藪を這い上がり登山道に出た。出た所が白毛門直下のジジ岩の所で1575mだった。

白毛門直下の稜線に出て一休み

 この藪漕ぎに大きく時間を費やしてしまい、予定より1時間も予定をオーバーして稜線の登山道へ到着となってしまった。
 ここで沢靴を履き替え、白毛門の山頂へは行かず下山を開始する。途中から膝が痛みだしたので、ゆっくりと下りて駐車場に戻った。

 今回の問題点は、沢全体が大スラブでしかも35°から45°の傾斜角度が有りそして高度感があり、沢登りより岩登りの領域だった事を把握しきれなかった事。さらに岩の沢か苔の沢かにより沢靴の使い分けも大事だと知った。グレードをうのみにして、沢の選定をするのも要注意である。個人の力量を考えて選定する事が重要である。
 ヤマレコユーザーによれば、最後まで緊張の取れないスラブの沢、アルパイン的な沢。スラブのレベルは、西ゼンより難しい。他に類をみない藪漕ぎ。初心者には無理。等とコメントされている。
 体力回復途上の今の自分に、はたして今回のゼニイレ沢は良かったのか、終わってみれば事故も無かったので、良い経験で済まされるかもしれないが、力不足を痛切に感じた沢だった。
 Hさんのおかげで最後まで無事に登りきれた事に感謝しています。
                              (TY)




Home