沢の散歩01 大滝沢出合付近 丹沢山塊
2013.07.13

高橋、Hi、Sa


 最近は、近所の散歩をする以外は家の中で生活することが多い。あまりに退屈なので、ちょっと体力的に難しいかなと思ったが丹沢の沢へ出かけた。まあ、なんとかなるだろうという考えだ。家族はそれを聞いて、一人で行かす訳にはいかない、ということで付いて来ることになった。家族で丹沢へ来るのは何年ぶりだろうか。それもまた良いだろう。
 今年の春から、西丹沢の大滝沢とその支流を少し歩いていたので、大滝沢の出合付近を歩いて見ようと思った。中川川の支流である大滝沢は、大滝キャンプ場のある付近に出合がある。
 畦ヶ丸への登山は、西丹沢自然教室から西沢沿いに辿る他に、この大滝沢沿いに登山道がある。一軒屋避難小屋、大滝沢峠上を経て頂上に至る。この登山道は、マスキ嵐沢の出合辺りまで大滝沢に沿って登山道が続いている。最初は右手に大滝沢を見て林道を歩くが、林道を離れると大滝沢を左に見て登山道が続いている。大滝沢の爽やかな水の音を聞きながら、緑に覆われたこの登山道を辿るのはなかなか気分が良いものだ。途中、大きなスラブ滝を見ることもできる。
 今回は、大滝沢出合付近の林道沿いの沢を歩いた。ここは、最近でこそ少し荒れてきたが、林道沿い右下に眺められるその大滝沢は、つい降りて歩いてい見たいと思うような穏やかな渓流美を見せている。これぞ西丹沢の沢というような、白い花崗岩の河原や小滝、ナメが続いている。私が何年も前に渓谷の美しさを知りその虜になった経緯のひとつに、この大滝沢出合付近の景観がある。
 今日の大滝沢は、その頃の沢と違わず、我々を迎えてくれた。白い花崗岩のスラブを穿つトイ状の清らかな流れ、スラブを広がるきらめくナメ、小さな段差を落ちる小滝と碧い釜、河原に散在する大きな岩々、そして強い日差しをさえぎってくれる深い緑。当時と変わらない大滝沢がそこにあった。だが、橋の手前にあった広いスラブのナメが上流からの岩の押し出しで埋まっているのは、少し残念だった。
 沢は、対するこちらの事情に関わりなく、いつでもその美しさを惜しみなくみせてくれる。いつも沢を歩くと心が開かれ、穏やかになるのは、そのせいだろう。
 出合から林道を少し入った先のゲート前に車を置いて少し歩くと、流れに降りる踏跡がある。そこから、立派な橋をくぐった先まで30分ほど、沢をゆっくりと散歩した。橋の先で林道に上がって歩き、小さなダムの上で、再び沢に降りて楽しい昼食にした。
 たった40分ほど沢を歩いただけだったが、帰りは家族に車の運転を任せ、助手席で居眠りしてしまったのは、自覚していない疲れがあったためだろうと思う。だが、今回の沢の散歩に、私は大満足だった。沢こそが私の人生を豊かにしてくれる。変わらない思いが溢れる散歩だった。


入渓 雨が少ないので水量は少ない 二条の小滝の向こうにはトイ状の流れが 深山の雰囲気だ


スラブを穿つトイ状の流れ
大岩とスラブの渓谷美が続く 頭上は緑におおわれている 


西丹沢の水は どこまでも澄んでいる
緑におおわれた薄暗い渓谷 キャンプ場に近くても人はいない

スラブ、大岩、深い緑 心が和む


誰も見ることのない美しい滝
時には深い釜が碧い色を湛えている


広かったナメが少し岩に被われていた
沢が開けた先に立派な橋が現れる

橋の先に ゴロタの滝
























綺麗な流れが続く この先に大きな滝があるが、今日はここまで
小さなダムの上に休んでお昼にした

訪れればその美しさを惜しげも無く見せてくれる渓谷



Home