谷川本谷〜赤谷川 谷川連峰 2012月10月下旬 2012思い出の沢12

 谷川本谷を遡行し乗越を越えて赤谷川に入り、その源流部を遡行した。沢と沢とをつないで、入渓の難しい赤谷川の源流を歩くのが、このルートの特徴である。谷川本谷は、大滝までは滝が少なく巨岩のゴーロが続く。やや冗長な感はあるが、右手にマナイタグラを見る谷の様相は威容を誇る。赤谷川に降り立った時にはすでに夕闇が迫り、楽しみにしていた焚き火ができなかった。翌朝、早くから眩しい光が谷を照らしていた。赤谷川源流は、ゴルジュもあるがその流れは穏やかだ。谷川連峰の壮観な山容に抱かれて、ゆるやかな源流を歩くのは爽快である。広がる蒼天が、壮大なすり鉢の底を歩く我々を見下ろしていた。光彩みなぎるこの旅を企ててくれた仲間たちに感謝だ。

Home      谷川本谷〜赤谷川源流