赤木沢 北アルプス黒部川 2012月8月上旬 2012思い出の沢07

 源流とはいえ、薬師沢小屋から先の黒部川の水は重い。徒渉を何度か繰り返し、ゴルジュを抜けると赤木沢出合だ。この出合付近、朝の光を浴びた黒部川は壮麗だった。赤木沢は、黒部川本流に比べて彫りの浅い渓である。緩やかで美しい流れの間近まで、深い緑が迫っている。滝はそれぞれに淡いみどりの釜を従えているが、どれもそう深くない。赤木岳へ突き上げる右俣を辿ると流れは細り、チングルマやイワイチョウの花畑になる。標高を稼ぐに従い、雲ノ平の先に赤牛岳、水晶岳、鷲羽岳など、北アルプスの麗峰がいち時に顔を現してくる。稜線の直下では、雷鳥の親子が愛嬌を振りまいていた。同行したタケさんにとっても、自分にとっても、記念すべき遡行になった。

Home      赤木沢1