恋ノ岐川1 奥只見
2012.09.15〜17
SSC3名、高橋

ダイモンジソウ 大文字草







遡行図  (オホコ沢)


  恋ノ岐川2


コースタイム
9月15日
宇都宮駅7:05⇒尾瀬口船着場10:30〜50−恋ノ岐橋12:40〜13:05−清水沢出合15:13(泊)
9月16日
清水沢出合7:15−三角沢出合8:58−オホコ沢出合12:42〜55−稜線登山道15:00〜25−登山口駐車場18:45(泊)

プロローグ
 恋ノ岐川にこがれ、もう何年も過ぎた。よく知られた恋ノ岐川の遡行は、ガイドブックによれば、「下山を含めて20時間の行動時間を要する」とある。二泊三日でも結構の強行軍だ。現在は、国道が不通のために、尾瀬口船着場から恋ノ岐橋までのアプローチに、さらに2時間かかる。われわれロートル組のパワーでは、二泊三日でもちょっと危うい。
 先日、『岳人』の記事に、「核心はオホコ沢出合まで」との記事を見つけ、これは行ける。そう、瞬時に思った。オホコ沢から稜線へ上がってしまえば、行動時間を8時間も短縮できる、そう思ったのだ。さっそく計画を立て実行した。恋ノ岐川への思いを持ち続ける者が集まって、それぞれの夢を叶えようという遡行だった。予定の一人が欠けて、いつもの山崎さん、タケさんを含む4名の遡行になった。
 
*遡行図は、情報の少ないオホコ沢のみを示す。

母のような渓
 「恋ノ岐川は、美しい渓だった。」いまさら言うまでもないようなことだが、「恋ノ岐は退屈だ」という御仁もあるようなので、あえて言っておく。恋ノ岐橋の左岸から入渓すると、恋ノ岐がどんな沢なのかがすぐ分かる。クラックが細かく入った、まぶしい白さの岩床に、澄んだ水が静かに流れている。小さな滝や釜、そして深い淵がいくつも現れる。
 退屈というのは、分からないでもない。おそらくは、登攀するに足る大きな滝がないこと、ゴーロを歩く時間が長いことなどのためだろう。だが、いったい、ゴーロのない沢などというものが、そんなに魅力のあるものなのだろうか。沢登りというものは、ゴーロを歩くと相場が決まっている地味な遊びなのだから、そういう人は、クライミングか大滝の登攀でもやっていればいいだろう。
 恋ノ岐は、ゴーロとゴーロとの間に、心踊らされる滝や釜、そして深い淵が突如として現れる面白い沢である。登攀と言うよりは、「へつり」の技術が主体となる、いわば和風の山技術が試される、穏やかな渓である。対峙する谷ではなく、和合する谷とでも言えばいいかもしれない。今のことばで言えば、癒やし系の渓というだろうか。たとえて言えば、恋ノ岐は、母のような渓である。遡行者を優しく包んでくれるような渓、そう思ったのは、私だけだろうか。


恋ノ岐橋の上から恋ノ岐川 谷はこんな感じだ
こんな国道を二時間ほど歩く



白い岩に特徴がある 初めての滝
白い岩床に苔がついたゴロタ石

水流によってかたどられた複雑な沢床 日照りで、少し水が少ないのだろう 長いゴーロもある


水面下のスタンスを使ってへつり
遠くに小滝が見えてくる  刻々と変わる渓の様子



穏やかな流れも深い釜が行く手を塞ぐ
水際をへつる 水面下にもホールドがある


小ゴルジュの渓
 恋ノ岐とは、小幽ノ岐の転化だという。高桑信一氏の文章には、「幽」とは岩穴の古語であり地方名であるという(『岳人』
2012年8月号p17)。「幽」には、暗いところという意味があるようなので、「小幽」と言えば、「小ゴルジュ」と解釈すれば良いように思うが、どうだろうか。小ゴルジュの続く沢というのが「恋ノ岐」の語源とすれば、この沢には相応しいと思う。
 特に、深い釜のある滝や両岸切り立つ長い淵の突破が面白い。長いゴーロに飽きて、「退屈」の想念が持ち上がる頃に、「小幽」が現れるので、なかなかの感動である。どの滝も、単純な瀑布ではなく、細かいクラックの入った白岩を、流れる水が複雑に穿っている。自然の作り出す造形の美しさに、理由なく感嘆する。
 深い釜が多いのでその釜をへつり、滝に取り付くのが第一の関門であり、そのルートを見定めるのが面白い。釜と同じように深い淵の通過も水や岩との知恵比べである。とても、へつりは難しいように見えても、水面下に格好のスタンスが隠されていることがある。あきらめずに、近くまで寄っていくことによって、突破のルートが開けてくることが多い。釜や淵へ落ちずに突破できた時は、爽快だ。



大釜5m滝が見えてくる
大釜5m滝 ちょっと難しい


大きな滝二段8m 右のカンテを登った
カンテを登攀 二段8m ホールド豊富


広いナメ 清水沢出合は近い
深緑の深い釜 水面下にスタンスがある


  恋ノ岐川2


Home