ウェルネス・クライマーズ短信 040
燧ヶ岳  尾瀬

燧ヶ岳 3時間少々で頂上です。初挑戦には手頃

2012/05/13
Iさん、Oさん、Nさん
黒川、大橋、山ア







5月連休は、計画を組んだ日が天候不順で、一日も山スキーに出かけることが出来なかった。しかし今日は天気予報通り快晴となり、最高の山スキーが楽しめそうである。それに今日は、Yリーダーの職場の女性と、その仲間達が一緒である。当然モチベーションは最高のはずであった・・・・。


しかし三週間振りの山スキーは甘くはなかった。一時間も歩かないうちに下半身が重く、身体がだるくなってきた。見上げる燧ヶ岳は、いつもの年より、大きく急斜面に見えた。年々、目指す山並みが大きく見えるのは、体力が落ちてきてるせいなのかもしれない。

若者三人組T嬢、O君、N君もスリップしながらも到着した。ボードブーツで良くも登れたと感心した。いつもは人工物を利用して滑るが、今日は自分の足で稼いで滑る。初めての経験らしいが、良い思い出となるだろう。これを機会に大自然のなかに入っていってほしいと思うのは、私ばかりではなく、K爺、Y爺(失礼)も同じだろう。

ランチ後は下界を目指して落ちるだけである。登りの苦しさなどすっかり忘れ、頭を空っぽにして思い思いのシュプールを描き、どこまでも落ちていった。
                            O

ボーダー3人 山岳滑降初挑戦にわくわくです。

昨夜の降雪で霧氷がきれいです。
















降雪で化粧直し山が眩しい。Oさん、Kさん足取りも軽い。

山頂からの滑降が見える見える。早く滑りた^^いと、ピッチが上がる、上がる。

左奥の至仏山をバックに「キムチ−」でカシャ。 Iさんの滑降

Iさん・・決まってます。

Nさんの滑降 Oさん、なかなかの技巧派と感じとれました。

こちらもOさん。調子が悪いといっていましたが、うーーん「お見事」です。
























Oさん、最後尾でホローしています。いつも感心します。

みんなこの笑顔です。山岳滑降の魅力を伝えられたかもしれません。(^^)/~





檜枝岐 五月の空は青く冴え  萌黄の山が  目にも目映く

新緑の中に佇む白き峰 彼が三岩 大戸沢岳

燧岳 昨夜(よべ)の雪にて 汚れを隠し 白き山肌 山人誘う

久々に 華を交えた 山行に 小父様達の 目尻も下がる


                             Ku.


<写真追加>Kuさん

一休みして相談 空は青い 絶好の日和


まだ先があるなー
昨日の雪でこんなところも

先行者のシュプールが 頂上は近い つらい登りがまだ



Home