ウェルネス・クライマーズ短信 038
三岩岳 南会津

ここにも春が、{イワウチワ}



2012/04/21(土)
黒川、大橋、山ア











今季二度目の三岩岳。前回は頂上を踏めずに敗退したが、今回は見事に成功した。

雪が途切れてるのでスキー板を担いでのスタートとなった。雪の無い登山道を歩くのは何時以来か忘れてしまった。久々に土の感触を味わった。恥ずかしい様な、こそばゆい様な何とも言いがたい気分である。

昨年、紅葉時に登山計画をしたが大雨被害で入山禁止となり、登山を断念した人がいたが、今年はどうなのだろうか。尾根道を歩いてると分からないが、沢筋は相当なダメージを受けたことが雪解けとともに現れてきた。生活圏が優先されるので、登山道までは修復されないかもしれない。

敗退した地点を通り過ぎた。後はトラバース気味に緩斜面を我慢すれば頂上に着く。
しかしこの緩斜面が長い。偽頂上が左前方に見えるが目指す頂点は見えない。

足を止め、飯豊、浅草岳方面を眺める。日光方面は曇ってるのかはっきりとは見えない。

ついにやった。越後の山並みが光って迎えてくれた。
これで南会津三山を制覇した。 
                        O






檜枝岐 今日は卯月も 二十日過ぎ 雪代水に 伊南川濁り

檜枝岐 三週振りの 三岩は 春の温みに 山肌を見せ

雪山の 春は俄に かまびすし 鳥の囀り 啄木鳥の音

今日はまた この地ばかりが 空澄みて 三岩の峰 我ら誘ふ 

山スキー 辛き登りの 褒美には スーパービューに スーパーバーン

願わくは 雪の嶺にて 春死なむ その晴れたる日 蒼空の下 (本歌 西行)

ku.






三岩が見える。風も無く雲ひとつ無い好天。


大戸沢岳



窓明山に続く稜線。今にも落ちそうな雪庇。



1500を越えると三岩岳の全容が........気持ちも高ぶる。



なー〜んと素晴らしい。頭の中は{からっぽです}無−無。自然とピッチが上がる。


窓明山分岐近くの山小屋も、今日の暖かさで顔を覗かせた。「春ですね」








三岩岳山頂。越後の山々の雄大さに思わず{くすんと胸がなった}800→1320


重力に任せ落下。春の陽気に心も軽く、スキ-板も何がしか弾む。



越冬した木の実も目を覚まし。









Home