ウェルネス・クライマーズ短信 026
魚沢 鬼怒川黒沢
2011/09/24〜25
トビウオ、山崎、高橋、タケさん(ゲスト)


沢風さん。武さん。そして山崎さん。二日間に渡り大変お世話になり本当にありがとうございました。

私には念願の沢風さんとご一緒の遡行であり、初体験の沢泊まりでした。
夢のようなあっという間の二日間でした。でも、中身は緊張の連続で、気合の入れまくりでした。
綺麗な滝が現れたかと思うと、登れずに高巻く。藪が深く根曲がり竹と格闘。
初めて背負う頭と同じ高さの大きなリュック。(中身は軽いのですが・・・)
感覚が掴めず、脇枝や倒木をくぐるのに苦労する。
沢山沢山苦労した場面はあったのですが、今思い出すと大変だったことはこれくらいで。

後は楽しかった思い出ばかりです。
なんといってもはじめてお会いした二人なのに、以前から知ってた人のように、すんなり打ち解けて、楽しい会話と遡行。
次から次から現れる綺麗な沢。そして綺麗な滝。
見上げれば真っ青な空と、真っ赤なナナカマドの実。
足元には真っ赤なゴゼンタチバナの実。そして綺麗な花。
難しい場所はすべて引き上げて貰い、前後を守られ安心しての遡行。
初めてのキャンプファイヤー。楽しい夜でしたね〜。疲れが一気に吹っ飛び、カレーの美味しかったこと。
あの味は生涯忘れないと思います。もちろん朝ごはんも美味しかったです。
初めて入る寝袋。暖かで、疲れも手伝ってか、あっという間に熟睡してしまいました。

特等席に寝たので、4時頃細〜い月が輝いて昇ってくるのも見ることが出来、満天の星空と月を眺めながら朝を迎え、最高に幸せでした。
二日目もそれはそれは緊張のしまくりで大変な場所も沢山ありました。
でも、無事無事故で下山でき、本当に幸せを実感する二日間でした。
本当にお世話になりありがとうございました。
又ご一緒できる日を楽しみにしています。
                         トビウオ


9月24日 晴れ

木ノ実は多いほど良い

ダイモンジソウが花盛り
ナナカマドが秋空に映える


滝を前にご機嫌
綺麗な滝ですね。




















こんな沢を歩きます。 まだまだ綺麗な場所が続きます。


次から次と、綺麗な滝が現れます。 4m滝が奥に見えます。



















でも、時にはこんな藪の中も歩きます。 危険なところはザイルを出してもらいます。

ガッツポーズ (再び沢へ降りて) Vサイン (再び沢へ降りて) この一歩がたまらない。

12m懸垂滝 左から高巻きました。

























こんな素敵なところで、一夜を過ごしました。


















よーく見て下さい。ウィンナー焼きです。 今夜の最高のご馳走!!


9月25日 晴れ

マユミと滝 分岐はかならず地形図を確認 振り返ると日光連山

沢を上り詰めて、黒沼田代に出ました。 記念写真を一枚


出ました。奥鬼怒スーパー林道

八丁の湯。通り過ぎるだけ。
帰り路 コザ池沢源流の滝



Home