ウェルネス・クライマーズ短信 005
阿蘇山塊 熊鷹山〜丸岩岳  2010 12/12(日)
tobiuo、大橋、やまざき


山頂からの眺めに期待を胸膨らませ、落ち葉を踏みしめながら、一歩一歩最後のきつい登りを終えると、思い通りの素晴らしい大展望が待っていてくれました。なんといっても錫ヶ岳の雄姿をこの目で確認できたことが一番嬉しかったです。
2年前に登った時は男体山白根山は直ぐにわかってもそれ以外の山は聞いても直ぐに忘れてしまいました。
今回は錫ヶ岳も皇海山も袈裟丸山も自分の足で山頂に立っているので、見えたときの感動は倍以上のものがありました。
ここ数年の間に随分と山の名前を覚えたもんだなーと自己満足してました。
「一生の間に、ここから見える山をどれだけ登れるんだろう」と思ったら、嬉しくて嬉しくて仕方ありませんでした。
これからも健康で山登りを続けて行きたいと思います。
大満足の一日でした。
tobiuo


美しい渓谷を歩きます

















熊鷹山手前の鳥居で


冬晴れ、そして風おだやか。
こんな日に山登りができて良かった。

木の葉が全て落ちて丸裸な山、遮るものは何一つ無い。
熊鷹山山頂にある、手造りの矢倉から見る展望は言葉にならない。

見慣れたはずの日光連山、角度が違えば初めて目にするようで新鮮そのもだ。

浅間山、八ヶ岳もすっかり冬の装い。

山頂から少し離れた日当たりの良い登山道脇で、たっぷり60分の昼ご飯。なんて贅沢なことだろう。

矢倉の上からかまた歓声が聞こえた。
                 やまざき



天気、景色申し分なし 
笑顔がこぼれる  熊鷹山



展望台ではしゃぐ親分

日光連山が間近に見える


はじめての阿蘇山塊登山でした。いままでこの方面は遠隔地のイメージがあり敬遠してましたが思ったより早い時間に登山口に着く事ができました。
先週のお天気山と違って雑木林が多く明るくて気持ちのいい山歩きが出来ました。
今回はtobiuoさんから皇海山頂上で採れたアメリカウラベニイロガワリ(間違ってたらゴメン)の煮込みうどんといつも山でご馳走になってるお新香をいただきました。ご馳走様でした。
ところで お新香があまりに美味しいので飲み物があっという間に無くなってしまい「もう少し持ってくれば良かったなあ」(親分は遠い所をみながら涼しい顔してますが)と思いながら美味しくいただいてます。
                  大橋




ユッタリの昼食後下山開始です 天気がいいなー



Back  短信一覧へ